Heijastin

東京攻略

梁朝偉が大好きになった!『林貴仁』が抜群に格好良い。

日本人俳優を多数起用、東京を舞台としながらも「純粋な香港電影」の仕上がり!柔軟な発想の馬楚成導演が、すべての俳優の魅力を引き出した屈指の名作。撮影師としても数多の実績を誇る馬楚成は、監督として采配を振るいつつ、自ら撮影する生粋の映画人。その演出は、まさに魔法。この作品に出演する、すべての俳優が「なおさら魅力的」に映るのだ。続編《韓城攻略》もまた必見!

《東京攻略》 Blu-ray

Amazon 维基百科 百度百科 香港影庫 HKMDB
  • 導演:馬楚成
  • 編劇:陳淑賢/莊文強
  • 動作設計:薛春偉
  • 監製
    陳錫康
    佐々木享
    莊麗真
  • 配樂:韋啟良
  • 領銜主演
    梁朝偉 … 林貴仁
    鄭伊健 … 畢大勇
    陳慧琳 … Macy
    阿部寛 … 伊藤武
    仲村トオル … 高橋裕二
  • 特別客串:張栢芝 … 沙織
  • 主演
    遠藤久美子 … 直美
    白川みなみ … 早百合
    小沢真珠 … 有希子
    山田玲奈 … 亜里沙
  • 出品:橙天嘉禾娛樂集團
  • 日期:2000年01月28日
  • 片長:100分
  • English title: Tokyo Raiders

日本旋風に乗った革新的設定、梁朝偉『林貴仁』が熱い!

馬楚成《韓城攻略》2005
馬楚成《韓城攻略》2005

『林貴仁』の個性は細部まで練られており、性格描写も細かい。興味深いのは、この『林貴仁』は中国人と日本人の混血児であり、日本に国籍を持っているという設定。歴史的背景と李小龍主演作から続く伝統を鑑みれば、香港電影において悪党の定番である日本人を主役に置くとは、異例中の異例。おまけに演じるのは香港を代表する大俳優、梁朝偉である。特別客串の張栢芝もまた『沙織』という日本名を持つ役なのだ。

監督並びに製作・俳優陣の、批判も覚悟の思い切りと「偏見なき心」に感動を覚える。当時の香港は「日本旋風」の真っただ中。近年の韓流ブームの如く、日本贔屓な時勢もあった。本作の公開は Millennium 2000年、日本の香港電影愛好者にとって、まさに「香港電影の新世紀」を感じさせる、非常に重要な作品と言える。

本作の好評を受け、2005年には Seoul 特別市の全面協力を得た直接的な続編《韓城攻略》が公開された。『林貴仁』の相棒には、ご存じの台灣大明星、舒淇任賢齊が。奇しくも《玻璃樽》以来の共演となっている。こちらも傑作!

鄭伊健、驚異の身体能力

彭綺華《神龍賭聖之旗開得勝》1994
彭綺華《神龍賭聖之旗開得勝》1994

武術の達人『畢大勇』を演じる鄭伊健の動きが凄まじい!優男な外見に似合わぬ、その身体能力は武打演員かと見まごうばかり。これは動作導演の演出力だけのものではない。《風雲─雄霸天下》でも見せた、変幻自在の格闘が炸裂!動作設計は、往年の邵氏兄弟の武俠片で武打演員として活躍した薛春偉である。実に素晴らしい。

鄭伊健と梁朝偉と言えば、1994年の賀歳片《神龍賭聖之旗開得勝》での「奇天烈な闘い」が想い出される。この作品での両者のやりとりも絶妙であったが、その心地よい呼吸は《東京攻略》でも継続。時折、鄭伊健はかなり狂気走ることがある。ただの二枚目ではない、迸る無厘頭が香港明星らしさ。これこそ絶大な支持を受ける理由であろう。

本作と同年、鄭伊健は7作もの影片で主演している。多忙などというものではない。そして葉偉民導演の《BadBoy 特攻》である。KOF’99 の如く大量の Clone が…奇怪な挙動をする舒淇の Clone が蔓延し、鄭浩南が「もう一回チャンスくれて下さいませんか?だって俺達の大成功の目標もそろそろついたぞ。」と独特の言い回しで想いを叫ぶ、伝説の影片。なぜか Omnibus 形式になっている BadBoy 特攻である。鄭伊健が Striker として古天樂を呼び出すのである。鄭伊健の出演作は、幅広い意味で、絶対に見逃せない!

物語の中心は陳慧琳

劉偉強/麥兆輝《無間道》2002
劉偉強/麥兆輝《無間道》2002

陳慧琳は、物語の中心に位置する女性『Macy』を演じており、単独で演技する場面が恐らく最も多い。陳慧琳の演技が極めて自然なので、作品を見ていると『Macy』という女性に、ぐいぐいと惹かれていく。不運にも挫けず、幾重にも張られた罠を強い意志と機転で乗り切る勇敢な女性。気品に満ちた「才女」を感じさせる陳慧琳にぴったりな役柄だ。

陳慧琳と梁朝偉と言えば《無間道》での共演が最も有名だろう。華仔の恋人役はもちろん鄭秀文。対する梁朝偉の恋人役として陳慧琳が出演している。実は、この《東京攻略》を見ていると、より味わいが深まる組み合わせなのだ。

張栢芝が日本人女性役で特別客串!

馬楚成が前年の1999年に監督した《星願》で、第十九屆香港電影金像獎の最佳新演員を獲獎した、張栢芝が特別客串。『林貴仁』の部下たちを取り仕切る役どころで、数分間の出演に留まるのだが…日本のアイドル陣と並ぶ景色は珍しい。張栢芝の突き抜けた「存在感と美貌」は世界的だ。

日本俳優陣の個性も光る!

白川みなみ 1st 写真集 Rosy
白川みなみ 1st 写真集 Rosy

『林貴仁』の部下役として、遠藤久美子、白川みなみ、小澤真珠、山田玲奈も華を添えており、嫌味がない可愛らしさが好印象。とりわけ白川みなみは香港電影向きに感じるのだが、その後の活動が、国内で留まってしまったのは非常に勿体無い。

僕は、日本の、いわゆる芸能人が出演している電影作品は好んで選ばない。テレビ番組の癖の付いた人は見ていて辛いのだ。また、日本ないし米国での撮影が主体の作品も好きじゃない。僕は米国の匂いがしない景色を見たいのだ。実際に見てみるまで、僕は《東京攻略》は、僕の苦手とする二大要素が全面に出た作品だと思い込んでいた…

しかし、大間違いだった!これは他の日本を舞台とした香港電影作品とは、まったく違う。何が「違う」と感じるかを箇条書きにすると:

  1. 日本の俳優陣が香港電影への参演に積極的。また過去に香港電影出演経験のある実力派俳優が選出されている。
  2. 日本の俳優陣も粵語を話す。外様扱いでなく、香港と日本の俳優が融合している。
  3. 撮影技術が高く、撮影場所の選択が素晴らしい。東京を Asia 圏の都市らしく映し出し、かつ Stylish に映像処理している。
  4. 日本語の Dialog が自然。奇妙な箇所が一切ない。

日本人俳優の起用に否定的であった僕を大満足させてくれた。

特警新人類
陳木勝《特警新人類》1999

Interview において馬楚成監督も言及していたが、阿部寛の強烈な個性が光っている。演じる『伊藤武』という役は、香港電影において「特異」と言えるほど不気味な男。それでいて作品の世界観から逸脱せず、必要とされる緊張感を与えている。《特警新人類》も印象深い、仲村トオルの演技には、やはり「重み」があり、出番は決して多くないにも関わらず、その存在感は強い。

梁朝偉、鄭伊健という世界的な実績を持つ大俳優を向こうに、阿部寛、仲村トオルともに独自の光を放っているのだ。平成以降の日本人俳優では希少な「映画俳優」を感じさせる、世界に通じる実力と個性を持った俳優だと感じた。彼らの出演する香港電影ならば喜んで見たい!香港製作陣と日本の俳優陣、双方の感性がしっかりと融合したからこそ、各登場人物が「活きる」のだ。

2001年「全職殺手」と比較すると「東京攻略」はより日本に踏み込んでいるのが嬉しい!

全職殺手
杜琪峰《全職殺手》2001

2000年代初頭は、幾つか日本を Feature した香港電影作品が製作されている。杜琪峰監督、華仔・林熙蕾・反町隆史が主演の《全職殺手》もまた日本人俳優や日本語を取り入れた作品。詳細は個別記事を参照いただくとして…《東京攻略》と比較すると《全職殺手》には、まず反町隆史を主演に置く必然性が感じられなかった。当時の反町隆史ほど話題にならずとも、世界に通じる俳優はいたはず。《東京攻略》を見ると、なおさらそう感じる。

また《全職殺手》には意味が通らない日本語も目立つ。杜琪峰監督作だけあって《全職殺手》には、高い芸術性と政治意識が感じられ、林熙蕾の魅力と華仔にも痺れる。ただ、僕には《東京攻略》の方が心地良かった。《全職殺手》が若干の前衛性を持つ作品であるのに対し《東京攻略》は、より一歩深く「日本に踏み込んだ」極上の Entertainment 作品、日本の香港電影愛好者としては実に嬉しい。日本人が Producer の一角に入った効果は大きいだろう。察するに《全職殺手》では日本陣営が、杜琪峰監督に怖くて近寄れなかったか。

華仔や李連杰主演作の撮影師としても馴染みの馬楚成

馬楚成監督は、撮影師としても輝かしい実績を持つ。僕には華仔主演作で馴染みだ。もちろん撮影技術が前提となるが、監督自身が撮影すると、思い描く世界は、より直接的な映像となる。僕は自身で撮影する監督が、ことさら好きだ。馬楚成の撮影及び監督作で、僕が見た作品や題名を知っている作品を列挙した。香港電影愛好者以外にも高い知名度を持つ大作が並ぶ。《東京攻略》の続編《韓城攻略》の DVD も入手出来た。見るのが、とても楽しみ!

《Silver Hawk》海報
馬楚成《飛鷹》2004
  • 【撮影】1989 合家歡
  • 【撮影】1990 川島芳子 ※未見
  • 【撮影】1991 五虎將之決裂
  • 【撮影】1991 驚天12小時
  • 【撮影】1993 黃飛鴻之鐵雞鬥蜈蚣
  • 【撮影】1993 方世玉
  • 【撮影】1994 火雲傳奇
  • 【撮影】1994 醉拳Ⅱ
  • 【撮影】1995 烈火戰車 ※未見
  • 【撮影】1996 食神
  • 【導演/撮影】1999 星願 ※未見 DVD所有
  • 【導演/撮影】2000 東京攻略
  • 【導演/撮影】2004 飛鷹
  • 【導演/撮影】2005 韓城攻略

これまでに見た梁朝偉主演・出演の代表的作品

梁朝偉の主演及び出演作は、まだ僅かしか見られていない…つまり、まだ無数の「楽しみ」が僕を待っているのだ!

《東京攻略》日版海報
《東京攻略》日版海報
Tags