Heijastin

Bakterion

つまらない!

ここまで断言出来る作品、そうはない。僕は思った。映画は面白くなくちゃいけないのか?そんなこと誰が決めたんだ?「あり」である。視聴者に「つまらない」という感情を与えることを目的に作られた映画があっても良いのである。この意味で、本作は空前の傑作である。本当につまらない。

Bakterion

Amazon 维基百科 IMDb
  • Regia: Tonino Ricci
  • Soggetto
    Víctor Andrés Catena
    Jaime Comas Gil
  • Fotografia: Luigi Ciccarese
  • Musica: Marcello Giombini
  • Interpreti
    David Warbeck … Captain Kirk
    Janet Ågren … Jane Blake
    Franco Ressel … Milton
    José Lifante … Sergeant O’Brien
  • Anno / Durata: 1982 / 82 minuti
  • Produzione
    US: Arco Films
    Italia: European Film Distribuzione
    España: Nuova Glassia Films
  • Titolo
    Also known as: Panic
    邦題:バイオ・モンスター

Pray it doesn’t happen here.

米国の製作会社が出資しており、まず間違いなく50分程度の TV 放送枠を意識して製作されている。その根拠として 4:3 ブラウン管サイズに画角がきっちり収まっている。そして、大幅な Cut を見越した「無駄な長回し」が随所に盛り込まれているのである。30分程度なら Cut しても何の問題もない。むしろ本編が30分で良い。Hand Camera 片手に街をダラダラと撮影した Opening など、すべて Cut 可能だ。

特別枠で Credit される Franco Ressel の出演が、本作の大きな売りである。ここは挑戦的で買える。しかし、僕らのアイドル Janet Ågren が、モルモットの喧嘩ごときで「緊急警報」を鳴らすのはいただけない。そして「細菌兵器」と知りつつ自ら進んで被験者となり、怪物化した Adams 博士が「助けてくれ…」もへったくれもない。とにかく American Horrors の鉄則である「ぬるい Sex & Violence」が顕著なのだが、腐っても Cinema italiano は女優が美人。軍隊の行進は充分見たから、もっと女優を長く映して欲しい。

脚本は Per un pugno di dollari(邦題:荒野の用心棒)に携わった二名。話の大枠を The Return of the Living Dead(邦題:バタリアン)にパクられた可能性あり。さもなくば、大元となるネタがあるはず。劇伴は数少ないが秀逸で、それもそのはず Ehi amico… c’è Sabata. Hai chiuso!(邦題:西部悪人伝)の Marcello Giombini である。そして、これは本編とは直接関係ないが、日本版 VHS cover で David Warbeck の隣にいる女優が Janet Agren ではない別人だ。Promotion 専用の Still だろう。

La storia

英国政府が極秘開発中の細菌兵器が、事故により London 近郊の街の下水道に蔓延した。軍から派遣された Kirk 大佐は事態の収拾に赴くが、街に怪物が潜伏していることを知る。怪物(便宜上 Bakterion と呼ぶ)は細菌の開発者 Adams 博士が、自ら被験者となった成れの果ての姿であった。非常事態に対し、政府は街を封鎖し、爆弾投下を決定した。証拠隠滅である。Kirk は細菌浄化ワクチンを持って奔走する。街の爆破まで残された時間は僅かしかない!

I personaggi

  • Jane Blake

    Bakterion - Jane Blake

    政府直属機関で細菌兵器を開発している Adams 博士の研究助手。髪型がパーマで驚いた。最初と最後だけ登場。

  • Kirk

    Bakterion - Kirk

    Jane Blake 研究助手を下の名前で呼ぼうとして断られるが、それでも Jane と呼び続けた不屈の男。

  • Milton

    Bakterion - Milton

    喰われる。

  • Girl at cinema

    Bakterion - Girl at cinema

    変な映画を見ている女の子。物凄く可愛い。姓名不詳だが、この魅力からして Italia 女優であることは確実。ここが本作の Climax である。

  • Girl in a car

    Bakterion - Girl in a car

    写りによっては Sofia Dionisio に似る美女。Uncredit で姓名不詳。女優はちゃんと Credit してもらいたい。

  • Girl in Bathroom

    Bakterion - Girl in Bathroom

    金髪に染めた美女。脇毛が生えている。女優名は Ilaria Maria Bianchi である。

  • O'Brien

    Bakterion - O'Brien

    Kirk と行動する地元警察の警部。Dr. O'Brien との関連は当然ない。

  • Charles

    Bakterion - Charles

    政府の極秘計画「プルリマ」の首謀者は Prince of Wales だった。

  • Mr. Bean

    Bakterion - Pastor

    Mr. Bean が Uncredit 出演。

Janet Agren exclusive

彼女の出演場面は極めて少ないが、終盤に幾つか印象に残る芸術的なカットがある。

  • Bakterion - Janet Agren 2
  • Bakterion - Janet Agren 1
  • Bakterion - Janet Agren 3

なぜ素直に「あと10秒」にしなかった。

証拠隠滅のため封鎖された街に、爆弾が投下されるまで残された時間は 05:00 min. だ!

Bakterion - 4:49

なぜ素直に「あと10秒」にしなかった。危機を脱するのは 04:49 min. である。本作における Count Down を用いた演出は、この辺りで眠気が最大限に高まるため「まだあと5分も続くのかよ…」という、通常の娯楽作品とは、まったく異質な Amusement 感覚を提供してくれる。むしろ10秒で Count stop という予想外の展開に、思ったより早く終わったことを喜べる。

字幕も赤点

字幕は細かな間違いはもとより、重要な部分を端折っており「この翻訳者、大意しか理解出来ていないのでは?」という疑惑がある。それが顕著になるのが Epilogue である。End credit の後に以下の Message が現れる。

What you have seen might really happen...
Perhaps it already has!

映画館(日本では未公開)でこの Message を目にした人は、清掃員くらいだと思うが…ともかく、この字幕が『この物語は今現実に世界のどこかで起り すでに起こっているかもしれない…』である。覚束ない英語に手を出す前に、小学生程度には母国語を学べと言いたい。僕が翻訳するなら「あなたが目撃した出来事は、現実に起こり得るのです…きっと、もう起きている!」といった具合。作品が作品だけに、どうだって良いが。

Tags