Heijastin

Zombi Holocaust

彼の名は Dr. O’Brien

映画ってやっぱり面白い!と思わせてくれる作品。冒頭から結末まで見所の連続だ。Donald O’Brien が演じるのは Dr. O’Brien(そのまま)である。アメリカの配給会社が「ドクター・ブッチャー」という見も蓋もない名前に改竄してしまったのだ。Dr. O’Brien は、生まれついての悪人でも、屠殺人でもない。そこだけは誤解しないでいただきたい。

Zombi Holocaust

Amazon 维基百科 IMDb
  • Regia: Marino Girolami
  • Soggetto
    Storia: Fabrizio De Angelis
    Screenplay: Romano Scandariato
  • Fotografia: Giancarlo Ferrando
  • Musica: Claudio Simonetti
  • Interpreti
    Donald O’Brien … Dottor O’Brien
    Dakar … Molotto
    Ian McCulloch … Peter Chandler
    Alexandra Delli Colli … Lori Ridgeway
    Sherry Buchanan … Susan Kelly
    Peter O’Neal … George Harper
  • Anno / Durata: 1980 / 84 minuti
  • Produzione
    Flora Film
    Fulvia Film
    Gico Cinematografica S.r.l.
  • Titolo
    Inglese: Dr. Butcher, Medical Deviate (VHS)
    邦題:人間解剖島ドクター・ブッチャー

ゾンビ vs 食人族、食うか食われるか!

Dr. O’Brien は科学の発展を願い、新しき世代への掛け橋として極秘に新人類の開発を進めていた。しかし、助手と2人きりで研究に没頭すべく離島に引き篭もり、理想を追求し過ぎたあまりに、彼は目的遂行の為には手段を選ばぬ狂科学者と成り果ててしまっていたのだ。Dr. O’Brien は死体を盗み、時には殺人まで犯し、研究素材を狩る。こうして生み出された彼の実験の結晶こそが「ゾンビ」と呼ばれるものであった。

事実、方法論こそ非人道的であれ Dr. O’Brien の技術には唸らされる。彼の生み出したゾンビは素早い。非常に身軽であり、他のゾンビと比較すると、まさに驚異的といえるスピードで行動するのだ。尚且つ、ゾンビの弱点である炎に対する耐久力に優れている。欠点はやや非力な点にあり、2人で成人男性1人分の腕力といったところか。ただそこに「ゾンビを平和に役立てたかった」という Dr. O’Brien の純粋な心を見る思いである。彼のゾンビは兵士ではない。科学の発展こそが彼の唯一つの願いだったのだ。

そんな折、彼の島に、謎のキーワード「キード」の答えを求めて医師達が来訪した。暖かく彼らを迎えた Dr. O’Brien だったが Dr. O’Brien にとっては彼らもまた研究素材にしかすぎなかった。男性医師ピーター (Ian McCulloch) は Dr. O’Brien に拿捕され、女医ローリー (Alexandra Delli Colli) は原住民の食人族たちに攫われる。Dr. O’Brien が今まさに、ピーターを解剖にかかったその時… Dr. O’Brien に仲間を殺され、ゾンビにされた原住民達が復讐にやって来た!ローリーを女王と崇める食人族と一緒に逃げ出したピーター、そして Dr. O’Brien 率いるゾンビ軍団による、文字通りの「食うか食われるか」の三つ巴の死闘がここに幕をあげた。どうする Dr. O’Brien!?

日本版 VHS は無価値

僕が所持している、シネ・ロッポニカ株式会社から発売された VHS の題は「人間解剖島 ドクターブッチャー」もう一度言うが Dr. O’Brien である。誤解しないでいただきたい。

本作はイタリア映画である。Dr. Butcher, Medical Deviate は米国のどこの馬の骨とも知らぬ奴が VHS 販売に際し改竄した題だ。それをそのまま邦題にしてしまうとは…もちろん、日本版は程度の劣る米国版 VHS に字幕を付けた「偽物」である。原盤に字幕を付けたものではないので、無価値。

日本販社は、ややもするとイタリアという国の存在を知らないのかも知れない。「地図では見たことがあるが…」という人たちなのだろう。多分、江戸時代の人たちがまだゾンビになって仕事してる。日本販社の映画に対する姿勢こそ Zombi Holocaust である。

IMDb も情報が間違っている。こちらも米国の情報を中心に記載しており、イタリア原盤からの正確な情報ではない。これまた本作を米国映画と勘違いしている嫌いがある。だいたい白人がそこにいれば USA となるのは、日本と米国の戦後世代に顕著だ。武器よさらば、と言いたい。情報は、量は少ないが正確な Wikipedia.it を参照すべき。

Marino Girolami 監督

監督の Marino Girolami (1914-94) は言わずと知れた Enzo G. Castellari 監督の父。50年代から70年代まで永く活躍した巨匠の一人だ。全盛期の60年代には芸術映画が当然多く、1975年には Roma violenta も監督した。主演男優の Ian McCulloch は Lucio Fulci 監督の Zombi 2 で有名だが Luigi Cozzi 監督の Contamination も忘れないで欲しい。主演女優の Alexandra Delli Colli は同じく Lucio Fulci の Lo squartatore di New York にも出演しているが、本作 Zombi Holocaust での方が遥かに美人に映っている。

本作は、ショッキングなシーンも、もちろん大きな売りだが、進行のテンポの良さ、視覚効果、音響効果を生かした視聴者への状況の簡潔かつ明快な説明、といった部分により注目すべきであろう。紙芝居化している映画の増える現在「画が動く」という、映画の基本をこうした作品から学んで欲しいものである。映画を上っ面で捕らえては何も見えてこない。

Tags