Heijastin

Napoli spara!

一弾必殺!

Commissario Belli は疾走する警察車の窓からでも目標を正確に撃ち抜ける凄腕。題名通り、緻密かつ壮絶な銃撃戦が次々に展開される。内外に敵を抱える孤高の悪 Santoro の暗躍、そして Napoli violenta から継続する、幼い Gennarino 少年が見せる大人より強い正義と勇気。Poliziesco の醍醐味が詰まった傑作。

Napoli spara!

Amazon 维基百科 IMDb Pollanet Squad
  • Regia: Mario Caiano
  • Soggetto
    Vincenzo Mannino
    Gianfranco Clerici
  • Musica: Francesco De Masi
  • Fotografia: Pier Luigi Santi
  • Produttore: Antonio Visone
  • Interpreti
    Leonard Mann … Commissario Belli
    Henry Silva … Santoro
    Massimo Deda Gennarino
    Jeff Blynn … Guidi
    Evelyn Stewart … Lucia Parise
  • Anno / Durata: 1977 / 85 minuti
  • Produzione: Capitolina Produzioni Cinematografiche
  • Screen Captures © Pollanet Squad
  • Titolo
    Francese: Assaut sur la ville
    Inglese: Weapons of Death
    対訳:ナーポリ、撃つ!

I personaggi

  • Commissario Belli

    Napoli spara! – Commissario Belli 1

    主人公ベッリ警部。有能な部下から成るナーポリ警察特捜部の隊長であり、日夜、武装凶悪犯と戦い続ける。連続強盗の首謀者をサントーロと推定、証拠を掴むべく追跡する。

    時にその正義感が先走り、無鉄砲な行為に発展「捜査姿勢」において署長との対立を招くこともある。しかし、ベッリの「市民を守る」という情熱には誰もが理解を示している。

  • Santoro

    Napoli spara! – Santoro

    裏社会を仕切るドン・カリーゼから息子のように目を掛けられている男、サントーロ。カリーゼファミリーに従属するドンであり、周到な計画と行動で勢力を拡大。他のドンたちから脅威と見做され、内側にも敵を持つこととなる。

    感情に流されない男であり、残忍な手口を機械的にやってのけ、直属の部下ですら捨て駒にする冷酷を持つ。これが恨みを持たれる最大の理由。本人もファミリーを乗っ取る覚悟で行動している。

    内部抗争勃発時、サントーロはベッリに命を救われており、自分がベッリの命を握った際は、彼を解放した。ベッリとサントーロは、警察と犯罪者の立場ながら、ライバルのような関係にある。

  • Gennarino

    Napoli spara! – Gennnarino 1

    無邪気で腕白な12歳の少年ジェナリーノ。正義感が強く、なんとかベッリに協力しようと張り切っている。右脚に障害があり歩行には困難を伴う。

    学校には行かず、太っちょの友達と一緒に、イカサマ商売で生活の糧を得ている。ベッリは常日頃から、ジェナリーノに勉強を奨めており、将来は医者か学者になってもらいたい、と期待している。

    ジェナリーノは、前年の Umberto Lenzi 監督作 Napoli violenta で初登場。凶悪犯罪に巻き込まれ、障害を抱えた。

La storia

ナーポリの銀行が、数名のグループからなる強盗に襲撃された。犯人達はマシンガン等で武装し、従業員を射殺、預金を強奪する。さらには、逃走を試みた女性客の腹部を蹴り上げ、内臓破裂の重症を負わせるも、窓口係りが運良く警察への通報に成功。

だが不思議なことに、強盗団は、駆けつけたポリスカーに対し「一切の抵抗をせず」あっさりと連行されたのだ。時を同じくして、もう一台のポリスカーが到着、特捜部の警部『ベッリ』は状況を確認すると、先に駆けつけたポリスカーは犯人グループが前もって用意していたものだと悟る…

かねてより、こうした犯罪者の「周到な手口」に出し抜かれていたベッリの苛立ちは頂点に達していた。自らハンドルを握ると、犯人の車を追跡。追いつくや、高速で飛ばすポリスカーの窓から前方へ拳銃の引き金を引いた。

かろうじて犯人グループを射殺、生き残ったものは逮捕に漕ぎ着けたベッリだが、ナーポリの犯罪者を操る黒幕を牢獄にぶち込むまで、その怒りを収めることは出来ない。その正体をカリーゼファミリーに属するマフィアのドン『サントーロ』と睨んだベッリは、翌日、サントーロのアリバイを確かめに向った。

街では学校にも行かず、ジプシーのような暮らしを送る少年ジェナリーノが生活費を稼ぐため歩きまわっている。日差しの強い車道に留まり、いちゃついているカップルの車を探しては、日よけがわりに便利だと、拾ってきた古新聞を売りさばいているのだ。

あくまで白をきり通したサントーロに、ベッリは「必ず尻尾を掴む」と宣言した。ベッリには有能な部下がいる。『グイディ』と名乗るその男はタクシー運転手として街に潜み、事件発生の際には特捜部の刑事へと変貌する。勿論、タクシー業も普通に営んでおり、その日はフランス人女性を空港まで送るため、タクシーを走らせていた。

その間、付近の遊歩道で家族連れが強盗に会う。犯人は2人組で幼児を捕まえ、その首にナイフを突きつけると、家族に金をハンドバックに詰めて渡すよう脅し、犯行後バイクで逃走した。その通報を無線で受けたグイディは、急遽ルートを変更、犯人のバイクを追跡する。

グイディと警察の車の挟みうちにあった犯人は敢え無く転倒、事件は解決した。そして、駆けつけたベッリ刑事は、タクシーの後部座席から「飛行機に乗れなかったじゃない!」と抗議するフランス人女性客を放っておいたグイディに、小言を付け足すことを忘れなかった。

その夜、サントーロはカリーゼの経営するカジノで他のドン達に囲まれながらポーカーに熱中していた。負けが込み、部下は切り上げようと助言するも、サントーロは「とことん最後までやり続けるのが俺の流儀だ。」と尻込みをしない。

こうした頑強な意志で勢力を拡大し続けるサントーロは、今や他のドン達にとって脅威であった。離れのソファーに腰掛けた3人のドンは密かにサントーロ暗殺を画策。遊戯後、サントーロが帰宅のため車に乗る瞬間を狙いマシンガンを乱射した。運転手が打ち抜かれ、かろうじて後部座席に待避したサントーロだが、容赦なき銃弾の雨は今まさに目前をかすめている。

その時、かねてよりカジノに張り込んでいたベッリ刑事のポリスカーが駆けつけた。そして、車のドアを盾に、正確無比な狙いで次々にドン達を打ち倒す。サントーロは命を救われた格好となり、ベッリに礼を述べざるを得なかった。

しかしベッリは「危険の中にある人を救うのが刑事の役目、当然のことをしただけだ。俺には善人であろうが『そうではない人物』であろうが助ける義務がある。」とサントーロに釘を刺した。(続く)

Il commentario

都市ナーポリの象徴として描かれるジェナリーノ少年は、忘れ難い登場人物だ。Napoli violenta のラストシーンを覚えているだろうか?ベッティ警部 (Commissario Betti) は、多くの罪のない市民を凶悪犯との戦いに巻き込んだ自責の念から、刑事を続けることを諦めかける。しかし、折れた右脚を松葉杖で支え、誰の力も借りず、自力で横断歩道を渡っていくジェナリーノ少年を見て、信念を取り戻すのだ。

Pollanet Squad’s review 対訳:國司和宏

1977年度の作品、前年のウンベルト・レンツィ監督 Napoli violenta(日本未公開)の続編的な雰囲気がある。ベッリ警部は Napoli violenta の主人公ベッティ警部の代替に他ならない。そして、捜査を補佐する、タクシードライバーに偽装したグイディ刑事が Maurizio Merli にそっくりだ。対するマフィア側の主役はサントーロ。指が拳銃の引き金から離れたことのない、残忍な犯罪者だ。劇中で、少なくとも15名は射殺している。サントーロは凶悪なる人生を謳歌した後、カゼルタ(地方都市)直通列車に轢き殺された。

Napoli spara! – Guidi
Guidi
Napoli spara! – Pedofilo
Pedofilo

カイアーノ監督による演出には、壮絶なカースタントも多く含まれる。本作の基本要素は、ナーポリ市街のあらゆる箇所から吹き出した暴力(それに類似するもの)だ。例えば、覆面刑事と偽った変態ロリコン親父が、少女アスンティーナを誘拐、警察により逮捕された。その後、変態親父は獄舎にて、囚人集団から制裁を受け、男性器を失う。興味深いのは、変態親父を制裁したのが、善(法と正義)ではなく、悪の名誉(この場合、囚人の最後の名誉)と言うべきものであったことだ。そして、この私刑は市民の喝采を受ける。

Napoli spara! – Alpha Romeo
Alpha Romeo
Napoli spara! – Commissario Belli 2
Commissario Belli

本作は、さらに特別捜査官たちの本能ともいうべき正義感を描き出している。己の命を危険に晒しながら、日々犯罪者と戦う若き勇者たち。得することなど何もない。しかし理想とする正義と自由のため、より良い未来を次世代に残すため、戦い続けるのだ。

現実生活では、凶悪犯罪の内に多くの人々が亡くなる日々が続いている。私達は英雄にも、身代わりにもなれない。感じる心を失くしているかも知れないし、過ぎた事件を思い出す人もいない。カイアーノ監督が描く特別捜査官たちは「勇気と力」「正義と愛」そして「誠実と利他」の模範例である。

Napoli spara! – Gennarino 2
Gennarino

ドラマチックな物語を演出すべく、切れ者の監督は Napoli violenta からジェナリーノ少年を引っ張ってきた。ジェナリーノはレーシングカーの熱狂的ファンである。Lancia Stratos を見たジェナリーノは、興奮を抑え切れなくなり無断拝借、速度測定のため運転(12歳なので当然無免許)までしてしまう場面は印象深い。ベッリ警部は Alfa Romeo 1750 で必死に追いかけるのだ。ジェナリーノはナーポリという都市で生き抜く天才でもある。彼は無数の稼ぎ口を編み出した。例えば、駐車の見張りや、車内でいちゃつくカップルに新聞を届けるなど。

Tags