Heijastin

Les démoniaques

悪魔の如き者ども。

Rollin 監督自身が「古き良き、50年代 Hollywood のような映画」と語る、海を舞台とする亡霊譚。古典的な様式美を踏襲しながらも、少女たちを襲う悲劇は地獄の様相を呈する。題名通り、人間の内に潜む「悪魔」が抉り出される。主演女優 Joëlle Cœur の美貌と妖しい色気が光る。

Les démoniaques

Amazon 维基百科 IMDb
  • Réalisation / Scénario: Jean Rollin
  • Photographie: Jean-Jacques Renon
  • Musique: Pierre Raph
  • Producteur
    Pierre Quérut
    Lionel Wallmann
  • Distribution
    Joëlle Cœur … Tina
    John Rico … Capitaine
    Willy Braque … Bosco
    Paul Bisciglia … Paul
    Lieva Lone … La fille (démone)
    Patricia Hermenier … L’autre fille (démone)
    Micha Zivomir Miletic … Le diable
  • Anée / Durée: 1974 / 95 minutes
  • Production
    Général Films
    Les Films ABC
    Nordia Films

Holywood dans les années 50

Jean Rollin
Jean Rollin

「古き良き時代、50年代の Hollywood のような空気を持つ映画を撮りたかった。」奇才 Jean Rollin の発想は見事なまでに、この Les démoniaques で結実した。冒頭での登場人物紹介は、監督自身が見て育った映画への愛情と Hommage を込めたもの。Captions の端々から大言壮語な文句が聞こえてくるあたりに Rollin 監督一流の遊び心と Parodie がある。

Les acteurs réguliers

役者陣も常連が多く、主演女優のジョエル・クールはヒステリック且つ Sadistique な Tina 役を演じ、妖艶な演技を見せてくれた。この作品以前はポルノ女優であり、前年の作品 Jeunes filles impudiques(対訳:ふしだらな少女達/日本未公開 ※僕は未見)の主演に起用されたことより今作の出演が決定した。キャプテン役のジョン・リコは元舞台俳優、ルイズ・ドゥールは1971年の Requiem pour un vampire(吸血鬼へのレクイエム)の伯爵の召使役で登場し、今作でもバーの女亭主役でピアノと歌を披露している。千里眼をもつ人物であり、歌詞に様々な暗喩を含め主人公の海賊グループの行く末を暗示する重要な役所。

les pirates

Les démoniaques - John Rico et les filles
Une photo apparemment tirée par Monster Bis

その海賊グループで最も凶悪と称されるナイフ使いを演じたのがウィリー・ブラック。独特の異彩を放ち、個性の強いなかなかの名優である。しかしながら、なんとも偽名臭い名前だ。いや、確実に偽名であろう。なぜなら彼の本業は靴屋だか帽子屋だとかいう話である。

もう一人の海賊、卑怯千万で精神性は人間のクズのそれ、と紹介された赤い服の情けない男はポール・ビシグリア。ローラン映画の脇役として欠かせない存在だ。Requiem pour un vampire での女吸血鬼に誘惑される自転車親父などユーモラスな役が多い。逆に1980年の Les raisins de la mort(死の葡萄/邦題:血の謝肉祭)では盲目のルーシーを惨殺する病人役が強烈であった。今作でも発狂した上での凄絶な死に様を見せている。出たら、死ぬが定番ではある。

ただそこは Rollin 監督本人も同様、端役で出てきては吸血鬼に秒殺される。1975年のポルノ作品 Phantasmes では暴漢を演じ、黄色いティーシャツにジーパン姿で登場。「ウガーッ!」などという奇声を上げながら主人公の少女に野道で襲いかかり、抵抗されるや強烈な右ストレートを彼女の顔に炸裂。あわれ少女は失神、背後の池に叩き落とされてしまうのだ…

本作は普段の Jean Rollin とは違う一面を見せてくれる貴重な作品。マニアなら倍楽しめること請け合いだ。近日 Redemption Films が日本版を発売するようなのでマニアならずとも是非チェックしてもらいたい。

Tags