Heijastin

Le malizie di Venere

女神の意地悪。

2015年06月22日、74歳で旅立った Laura Antonelli を偲んで、大好きな作品 Le malizie di Venere について語ってみたい。雑文お許し下さい。

Le malizie di Venere

Amazon 维基百科 IMDb
  • Regia: Massimo Dallamano
  • Soggetto: Fabio Massimo
  • Fotografia: Sergio D’Offizi
  • Musica: Gianfranco Reverberi
  • Produttore: Alfredo Leone
  • Interpreti
    Laura Antonelli … Wanda von Dunajew
    Régis Vallée … Severin
    Loren Ewing … Bruno
    Werner Pochath … Andreimis
  • Anno / Durata: 1969 / 83 minuti
  • Produzione: VIP Production
  • Pubblicato in Giappone
    毛皮のヴィーナス
    IVC 1999/10/25

Venus im Pelz

Venus im Pelz - Illustrierte, überarbeitete Ausgabe
Venus im Pelz: Illustrierte, überarbeitete Ausgabe (Kindle)

Leopold Ritter von Sacher Masoch の有名な原作 Venus im Pelz は種村季弘による名訳で「毛皮を着たヴィーナス」の題で出版されており、僕は河出文庫版で22歳の頃に読んだ。この Le malizie di Venere を知ったのは、それから10年近く後の2004年頃だったと思う。IVC という販社が Release した CD Size の Package に収められた日本版 DVD を定価で店頭購入している。つい先ほど Digital remastering された新盤 DVD も¥2,157であったので購入してしまった。

Roger Vadim の Le vice et la vertu が原作の印象とは大きく異なるものの、予想以上に良かったので、この「毛皮を着たヴィーナス」の映画化にも関心を抱いた。この作品で、初めて Laura Antonelli を見たのだが、彼女が演じる Wanda は Catherine Deneuve の Justine のように感嘆すべき、まさに小説が現実になったという美貌であった。

本作は原作に沿った物語進行をするが、あくまで原作を基板にしているだけで忠実な映画化ではない。そこが好きなところだ。最も印象に残っているのは、やはり Wanda の涙だ。本作には色気のある Sequences も含まれるが、下世話な目だけで見るのは愚の骨頂。これは Laura Antonelli による 60s のお洒落、そして「包容力溢れる愛」に酔う作品である。

もうひとつ忘れられないのが、ドイツの個性派俳優 Werner Pochath の出演場面だ。わずかな時間の出演だが Wanda の間男をやっている現場を Bruno に目撃され、草場から慌てて逃げ出す場面がある。振り向きつつ必至にズボンをずり上げている様子に爆笑してしまった。後年の Post Rambo 作品における、彼のブチギレっぷりを知っているので、かなり滑稽に思えたのだ。

Colonna sonora

BEAT - Le malizie di venere OST
BEAT: "Le malizie de Venere" 1969, "Hipnos follia di massacro" 1967, "28 minuti per 3 milioni di dollari" 1967

本作の劇伴はいずれの楽曲も至高。OST は他2作品と一緒になった Compilation にて BEAT より発売されている。僕の愛聴盤、貴重な一枚だ。Amazon での悪意ある「値段転がし」は止めてもらいたい。

同時収録作品のひとつは Ken Wood 主演の超人映画 Hipnos follia di massacro で、この劇伴は Ambient で退屈。そもそも映画自体が Ambient で眠くなる。視聴者まで眠くさせる悪の超人 Hipnos 恐るべし。この作品を見ているのは、日本では僕くらいでしょう。楽曲がこれでは誰も興味湧かないと思うし…

もうひとつは Richard Harrison 主演の Spionaggio 作品 28 minuti per 3 milioni di dollari こちらは未見…劇伴は Piero Umiliani だし、この分野はほとんど未見なので興味ありますね。

Massimo Dallamano

Cosa avete fatto a Solange? - Colonna Sonora
Massimo Dallamano "Cosa avete fatto a Solange?" 1972

監督の Massimo Dallamano は Bianco e nero 時代からの筋金入り名の映画人。1940年代後半からカメラマンとして映画に携わっている。監督作においては12本と寡作ながら、その確かな手腕への評価は高い。

日本における知名度は決して高くない。公開作は本作及び、作品よりも劇伴の方が有名であろう Quelli della calibro 38 だが、どちらもテレビ放送のみ。僕は Paris にて Quelli della calibro 38 仏版 VHS をレンタルして見た。

監督の代表作と言えるのが、有名な Giallo 屈指の名作 Cosa avete fatto a Solange? だ。僕はこれも仏版レンタル VHS で見ており、そのダビングを所持している。米国で DVD が Release された時には即時購入した。既に見ている作品は、よほどでない限り VHS で我慢するのだが、これは見逃せなかった。

Tags