Heijastin

解決!Aptosid KDE の Touchpad 設定

この瞬間、心に溢れたパーフェクトジバンの旋律。

kde-config-touchpad が segfault で起動しない問題、遂に解決!解法は余りに単純。Fluxbox でログインし Alt + F2 から systemsettings を開けば Touchpad 設定が動作する。灯台下暗し、試してみたら大成功。

無間地獄からの脱出

東映「機動刑事ジバン」DVD Vol.5 (2009)
東映「機動刑事ジバン」DVD Vol.5 (2009)
  • OS/Device: Aptosid Ponos KDE/ Eee PC 1015PD
  • 症状:kde-config-touchpad が起動後すぐ落ちてしまい TouchPad が調整不能。代替の gpointing-device-settings で設定しても Session 内しか反映されない。Logout, Reboot の度、設定が初期化される賽の河原。

Solution

呆れるほど単純な行動で解決したのだが、こんなもん…よほど凄腕の Debugger でもないと、すぐには思いつかない。

  1. KDM で Fluxbox を選択し Login
  2. Alt + F2 > systemsettings

これだと kde-config-touchpad の segfault が起きず、正常に使用出来る。設定した内容は当然 Logout, Rebooy 後も保持される。これで遂に、直しても直しても「タイピングの振動ですらマウスクリックとして認識される」状態が続く無間地獄から解き放たれたのだ…人の世に帰れるぞ!

Wannabe Geek が増えている?

こういう致命的な Bug が誰にも気が付かれることなく、平然と放置されてしまう。Linux on Laptop が話題になっているが、実際は、みんなその場だけでしか使ってないという証拠だ。自称はやめて、自他ともに認める Linux user になりましょう。

Aptosid の満足感

Eee PC 1015PD に Aptosid を導入してから、まだ3日間しか経っていない。しかし、既に Gentoo に巡りあった時のような Definitively という感覚がある。KDE 環境を Xfce 同然の体感速度で動かせる Aptosid は本当に凄い。Ubuntu > Arch Linux > Xubuntu > Aptosid と変遷を辿った EeePC 1015PD の OS だったが、これにて完全固定。TouchPad 問題は心底酷かった…しかし、これは Aptosid が悪いのではない。悪いのはドクターギバだ。

kde-config-touchpad
kde-config-touchpad

予備機の Arch Linux には変更の余地あり…だが利用頻度が極度に少ないので気が向くまでそのまま。いずれにせよ、生活必需品においては自分なりに大満足な環境を整えることが出来た。EeePC の Aptosid もデスクトップの Gentoo 同様、ひたすら追求・活用するぞ!

Tags