Heijastin

Chi l’ha vista morire?

盲。

閉鎖された環境、幼児偏愛という歪み。成人男性の精神発達障害は米国や日本の典型的社会問題だ。Comune は SNS へと形を変えて活発化している。Internet 社会が確立されて以降 "Chi l’ha vista morire?" はより深い問題意識を喚起する作品となった。作り話ではない「現実」がこの物語にはある。

Chi l'ha vista morire?

Amazon 维基百科 IMDb
  • Regia: Aldo Lado
  • Soggetto
    Francesco Barilli
    Massimo D’Avak
    Ruediger von Spies
    Aldo Lado
  • Fotografia: Franco Di Giacomo
  • Musica: Ennio Morricone
  • Produttore
    Ovidio G. Assonitis
    Enzo Doria
    Giorgio Carlo Rossi
    Pietro Sagliocco
  • Interpreti
    Anita Strindberg … Elizabeth Serpieri
    Nicoletta Elmi … Roberta Serpieri
    Dominique Boschero … Ginevra Storelli
    George Lazenby … Franco Serpieri
    Adolfo Celi … Serafian
  • Anno / Durata: 1972 / 90 minutti
  • Produzione
    Itala Roas Produzioni / Doria G. Film
    West Germany: Dieter Geissler Filmproduktion
  • Titolo
    対訳:誰が彼女の死を見た?
    Francese: Qui l’a vue mourir?

敬虔な Cattolico から大いに叩かれたであろう、手厳しい結末。

Non si sevizia un paperino - La longue nuit de l'exorcisme
"Non si sevizia un paperino" la version française "La longue nuit de l’exorcisme" que j’ai la VHS

鬼才 Aldo Lado による Gothic Giallo の傑作。幼児偏愛という性倒錯を、当時の傾向であった Comune の盲目性、宗教性と結び付け、狭隘な社会組織の歪みを描きだした。性倒錯という Grottesco な設定は、あくまで従属する要素に過ぎない。この作品にある、社会への警鐘こそ監督のいわんとすべきことである。

政治的な問いかけや社会への皮肉を謳ったこの作品は Entertainment と呼ぶよりも行間をよむ映画 Français で言う "Film d’auteur" つまり「作家による映画」と呼ぶにふさわしい奥行きがある。

結末も手厳しく、敬虔な Cattolico 家庭や信者からは大いに叩かれたであろう。実際 Lucio Fulci は同年に、偉大なる反骨の感動作 Non si sevizia un paperino を発表、国内での上映に圧力をかけられている。

そこはかとなく Malinconia を含む今作だが、殺人鬼の異様な出で立ちと発散される死の匂いは、ねじくれた狂信者を見事に描きだしており、また少女 Roberta の葬儀の場面の数々はため息が漏れるほど美しい。とりわけ Anita Strindberg の表情はかってないほど素晴らしかった。

コミューンにおける閉鎖性から生じる人間の歪み

La corta notte delle bambole di vetro - Je suis vivant!
"La corta notte delle bambole di vetro" La version française "Je suis vivant!" que j’ai une copie VHS trés gâchée

監督は前年も La corta notte delle bambole di vetro(対訳:ガラス人形の短い夜)において Comune における閉鎖性から生じる人間の歪みを描いている。こちらも強烈な衝撃を持つ恐ろしい映画であった。

僕が所持しているのは仏版 VHS の複製。Je suis vivant!(俺は生きている!)と改題されており、原題の持つ詩的な比喩が活かされていないのは勿体ない…

Aldo Lado 作品について、より詳しく知りたい方は豪華本 Spaghetti Nightmares を参照のこと。全国書店で…とはいかないが Amazon や、個人輸入を受け付けている書店で手にいれられるだろう。

Gli attore

主演陣については、ほぼ説明不要かと思う。 Anita Strindberg は僕が Cult 的に熱愛している Sverige(瑞典)の女優。George Lazenby は2代目 James Bond で出世した豪州の俳優。Nicoletta Elmi は Profondo Rosso での、蜥蜴をピンで刺す女の子役で世界的に有名になった。僕の大好きな作品 Sotto a chi tocca! では役人をからかって寝台の上で尻を振るなど、奇天烈な行動が見られる。

Adolfo Celi はご存知の重鎮 。僕が見たところでは Diabolik, La morte bussa due volte, Uomo si nasce, Poliziotti si muore などなど。出演作の分野が多岐に渡っており、80s 以前の作品では、必ずどこかでお目にかかる。

Cover on MIDI: Main theme

殺人鬼の登場の際流れる作品の主題曲は、児童の歌声に Delay をかけたものが、ハ短調半音進行の上昇旋律を追って行く幽幻に美しい名曲。短い楽句の反復という Ennio Morricone には珍しい Minimal なものだが、僕の心の名曲だ。音源化は成されたものの、残念ながら Vinyl のみ(2010年05月15日現在は CD 化されています)。なんと、その Vinyl を友人が持っているのと言うのだ!

Ennio Morricone による幽玄的な名曲を Yamaha XGworks を使った MIDI 音源で Cover してみました。

2010年05月17日追記

Paris の親友 David Lavabre からの「この映画はやばい。」という強烈な刷り込みがありました。奴は映画については本当に Maniac で「この名作を見るにはまだ早い!まずはこの Genre に慣れてから見るように。」と他の Giallo の VHS Copy を数本貸してくれました。こうして僕は Giallo の名作の数々に巡り会え、遂にこの Chi l’ha vista morire? に到達したのです。

今でこそ DVD 化もされ誰もが知る名作となりましたが、かつては文字通り「隠れた」名作でした。仏版ないしは原版、または Español 版 Copy が入集困難だったんです。英語吹き替え版とかは絶対見ない主義ですので。Italia 語音声で英語字幕版なら嬉しいのですが、この当時の映画は Localize に吹き替えを選択する Productions が多くて困ります。

さらに期待を煽ったのが主演女優が Anita Strindberg であったこと。僕は彼女の熱烈なファンで、彼女が出演している作品はすべからく視聴の必然があるのです!僕にとっては非常に思い出深い本作、手軽にDVDが入手出来るので、近日また見てみようかと思います。

ただ、本当に怖い映画です…しかも我が国では過去、現実に同類の犯罪が起きました。さらに現在の人気 Commnuity sites, SNS に寄せられる Contents, Comments などからも、日本では常時 Chi l’ha vista morire? という状況が生まれる土壌を擁していることがわかります。

The Internet の時代。Comune は Digitalized され無数に存在します。そう、この映画で描かれた物語は決して作り物ではないのです。

La storia:あらすじ

山中のスキー客に混じり、雪だるまをつくり楽しむ若いフランス人の母とその娘。まだ年端も往かない娘は、はしゃぎまわり何処へともなくソリですべって行ってしまった。母は娘のかくれんぼをやめせようと雪上の足跡を追うも人気の乏しい場所を探して隠れんとする娘は、追ってくる母の声を後にさらに雪積もる山中の斜面を下って行く。

ソリが倒れ、駆け出す少女。

不意に、背後から何者かの手が少女の口を塞いだ。ゴシック調の黒レースの絹手袋、そして体にも同様の黒レースの絹マントを纏った老婆が林中に潜んでいたのだ。顔にもまた黒レースのヴェールをかぶった老婆の奇怪な容姿は清純な白銀の世界と不吉な対照を描き出した。

老婆の装束は喪服以外の何物でもなかったのだ。母が辿り着いた時、すでに娘は消えていた。そして、その2・3日後、亡骸は雪中から堀りだされたのだった。

動機なき幼児虐殺。白雪を赤く染める怪事件、ヴェニスでその新聞記事を眺める彫刻家のフランコ (George Lazenby) は現在妻であるエリザベス (Anita Strindberg) と別居しているが、一人娘のロベルタ (Nicoletta Elmi) を男手ひとつで面倒みており、そのロベルタも天真爛漫な少女で、とても快活だ。そんなフランコには事件など所詮、他所事にすぎなかったはずだったのだが…

Tags
Kazu Spara in 25 May 2017
Kazu Spara