Heijastin

唐人街小子

貧困、黑社會、そして朋友… San Francisco 唐人街に溢れる詩情。

傅聲と甄妮は、この作品が封切られた1977年に結婚。孫建のデビュー作でもあり、記念碑的電影と称して良いかも知れない。香港四大才子から倪匡と、甄妮の歌曲の作詞にも携わる作詞家の黃霑が脚本に参加。70年代の San Francisco 唐人街を舞台に、貧困の中にも「希望と朋友」を見出した若者たちを描く。

唐人街小子

Amazon 维基百科 百度百科 香港影庫 HKMDB
  • 導演:張徹
  • 編劇
    張徹
    倪匡
    黃霑
  • 動作設計:李家鼎/戴徹
  • 監製:邵逸夫
  • 攝影:龔幕鐸/曹惠琪
  • 配樂:陳勳奇
  • 領銜主演
    傅聲 … 譚東
    孫建 … 楊堅文
    甄妮 … 李華鳳
    郭振鋒 … 小白龍
    王龍威 … 徐豪
  • 主演
    羅莽 … 黃青虎
    餘莎莉 … 蓮娜
    邵音音 … 仙娃
    惠英紅
    狄威
    江生
    鹿峰
  • 出品:邵氏兄弟
  • 日期:1977年12月02日
  • 片長:86分
  • 日本版
    ヒーロー・オブ・カンフー 猛龍唐人拳
    角川エンタテインメント 2008年07月25日 DVD
  • Engglish title: Chinatown Kid

作品の完成度は抜群!しかし、結末は余りに儚い。

張徹導演
張徹

米国の大学に奨学金留学するも、貧困のため生活にあえぐ台湾の苦学生『楊堅文』(孫建)と、貧困が元で、米国への不法入国を已む無くされた香港の若者『譚東』(傅聲)は San Francisco 唐人街の有名レストランに職を求め、住み込みの雑務係として友情を育む。

しかし、純粋過ぎる『譚東』は、後先を考えず犯罪組織『青虎会』の面々を完膚なきまでにブチのめしてしまった。報復を恐れたレストランの店主は、即刻『譚東』を解雇。生活の糧を失った『譚東』だが、その腕っ節の強さから、青虎会と対立する『白龍会』の用心棒として拾われ、黑社會の勢力争いで一躍出世する。

一方、生活苦により、世を徹しての勉学を余儀なくされた『楊堅文』は不眠不休を求め、麻薬に走る。その麻薬の密売元は『譚東』の所属する白龍会であった。対立組織が麻薬を蔓延させている、と思い込まされていた『譚東』は、騙されていたという事実を悟り…

武術の実力と女性人気を兼ね備えた傅聲は、言わずと知れた天才。張徹監督と制作陣、俳優陣は至高。甄妮の客演という華もある。本作もまた、心に突き刺さる名作だ。しかし、結末は余りに儚い。Harvard 大学に転入し、人生を好転させた『楊堅文』に引き換え、『譚東』は…

張徹監督・傅聲主演作の結末は、いつも悲しすぎる。

僕は、張徹監督・傅聲主演作に例えようのない「喪失感」を抱くことがある。傅聲の底抜けに明るい笑顔には、幸福感溢れる結末を望む。華仔周潤發が主演するような喜劇は絶対に似合う。張徹監督の妙味である「無常感」の内に活かすより、がむしゃらに突っ走る「熱血漢」として暴走するくらいで良い。

巨匠は王羽の影を追い過ぎたのではないか?洪金寶導演による傅聲主演作が存在し、傅聲の運命が違っていたなら…時代は成龍より前に動いていた。

張徹一門の名優陣が悪役に。傅聲と郭振鋒の共闘場面は最高に痺れる!

《蔡李佛小子》DVD
張徹《蔡李佛小子》1976

俳優陣には、他作品では主演を務めている面々が揃う。唐人街を二分する犯罪組織のひとつ青虎会の首領を羅莽が演じ、江生鹿峰が手下役として僅かながら出演。

傅聲と羅莽の格闘場面には多大な期待を寄せたのだが、残念ながら羅莽は主人公の引き立て役であり、手酷く痛めつけられる。江生と鹿峰も瞬殺されてしまった…この人選なら、超難度の展開も望めたはずだが、演出上致し方ない部分があったのだろう。

序盤には青虎会の道場内で、サンドバックを蹴る狄威の姿が映し出される。本編とは関係しない端役であったが、その重い蹴りの衝撃は視聴者に強い印象を残したはず。

白龍会の首領は郭振鋒が演じている。体型が判別しやすいスーツ姿で見ると、見事なまでの九等身、モデルそのものだ。初の格闘場面では、傅聲と背合わせで目配せをする瞬間が、滅茶苦茶に格好良い!郭振鋒、得意のアクロバティックな蹴り技も炸裂し、大暴れしてくれる。このまま正義の男として活躍して欲しかった…

「蔡李仏拳」の文字!

青虎会と繋がっている香港組織の首領『徐豪』は、僕の大好きな大物悪役武打演員、王龍威が演じている。《蔡李佛小子》では圧倒的な強さを誇る仇敵『馮雲山』を演じた王龍威も、本作では、ただ打たれるのみ。ちなみに、青虎会の道場には「蔡李仏拳」の文字が掲げられている。付録的要素ではあるが、『徐豪』が蔡李仏拳の使い手であるとすれば、いかんせん納得のいかない矛盾もある。

幫電影の先駆的「詩情」

黑幫電影の先駆とも言える「苦みばしった」作品であり、全編に渡り「陽気さの裏に隠された哀愁」とでも言うべき独特の「詩情」を湛えている。いわば当時の青春劇であり、作詞家である黃霑の色が反映されているように感じる。

貧困の中にも信念を貫き「希望と朋友」を見出した若者たちの生き様を描いており、武侠的爽快感よりも「強く生きる勇気」が胸に残る。題名の直訳は「中華街の若者」で英題も同じ。撮影自体は邵氏影城にて行われており San Francisco ロケ撮影は風景のみ。張徹監督自身が設立した「長弓電影公司」での活動終了直後とあって、資金面での苦戦が窺われる。

脚本には、張徹監督作品にも馴染みの倪匡、そして作詞家として著名な黃霑が、その名を連ねている。傅聲の恋人役で出演する歌手、甄妮のヒット曲の数々は黃霑が作詞している。傅聲と甄妮は、この作品が撮影された1977年に結婚しており、その縁が作用しての参加かも知れない。当時の張徹監督には珍しい現代劇、撮影当時の1970年代 San Francisco の唐人街(中華街)が舞台。孫建のデビュー作である。

香港四大才子

作家の金庸倪匡、作詞家の黃霑、映画プロデューサーの蔡瀾の四名は「香港四大才子」と賞賛される文化人だ。電影においても、彼らの名は基礎知識。黃霑は役者として幾つかの人気作、例えば周星馳の代表的シリーズの二作目《逃學威龍2》などに出演している。稀に、蔡瀾と倪匡も電影に出演。

Tags
Kazu Spara in 25 May 2017
Kazu Spara