Heijastin

驅魔道長

「和洋折衷」の理を説いた決着はお見事!

午馬導演にて台灣で製作された殭屍先生。若き日の倪星が道士の弟子となり大活躍、岳虹の胸の谷間も素晴らしい。林正英の道士と、キリスト教神父という意外な役の午馬が、殭屍態と Vampire mode を使い分ける吸血鬼と対決!

午馬《驅魔道長》1993

Amazon 维基百科 百度百科 香港影庫 HKMDB
  • 導演:午馬
  • 編劇:趙鷺江/鄭文華
  • 動作設計:蕭德虎/洪家班
  • 監製:李振杞
  • 攝影
    吳國仁
    謝增堅
    秦宗賢
  • 配樂:黃志遠
  • 領銜主演
    林正英 … 一眉道長九叔
    午馬 … 吳神父
  • 主演
    倪星 … 阿星
    陳佳君 … 月亮
    岳虹 … Anny
    葉榮祖
  • 出品:寶雄電影傳播事業
  • 日期:1992年(台灣)
  • 片長:92分
  • 日本版
    霊幻道士 ザ・ムービー 空飛ぶドラキュラ・リターンズ
    彩プロ 2008年03月24日 DVD
  • English title: Exorcist Master

「道教とキリスト教の融合」という含蓄深い主題

岳虹 - 凯凌明星网岳虹 – 引用:凯凌明星网

午馬導演、林正英領銜主演にて、台灣で製作された殭屍先生。26歳の倪星、24歳の岳虹が出演。若き日の台灣勢の活躍に要注目。洪金寶製作による正編は四作目で完結。以降は、林正英を道士に据えた、殭屍先生の世界観を持つ派生作品。今回は「道教とキリスト教の融合」という、含蓄深い主題を持っている。もちろん、喜劇を下地とするので、説教臭い要素は一切ない。

ある事件を境に、廃墟となった教会が残されている田舎の村。そこにキリスト教徒の一団がやって来て、教会の再利用を始めたことで、事件が勃発する。主演は、当然ながら林正英。ちゃんと眉毛が繋がっており、頑固一徹ないつもの道士だ。老婆に変装する場面もある。キリスト教徒の神父を演じるのは、今作の監督でもある午馬。ここが最初の笑いのツボである。

武術指導は変わらず「洪家班」であり、派手な動作の数々で楽しませてくれる。道士の弟子役を演じる倪星の驚異的身体能力による飛び技が随所で炸裂。おかっぱの髪型の衝撃もさることながら、彼の活躍場面は多い。90s 以降は巨悪を演じることの多い倪星が、英雄側で活躍するのは実に嬉しい。また、2014年現在も衰えぬ美貌と色気を誇る、岳虹に目を奪われる。17世紀英国貴族のドレスから垣間見える胸の谷間が素晴らしい。80-90s 電影の常連である葉榮祖による村長もかなり面白かった。

殭屍態と Vampire mode を使い分ける難敵登場!

May Lee Jinju - The King of Fighters 2001"May" Lee Jinju – SNK "The King of Fighters 2001" – cite: The Fighters Generation

諸悪の根源である吸血鬼は、なんと2つの戦闘モードを切り替えて戦うことが出来るのだ!十字架を無効化する「道教の殭屍態」と、道教の護符を無効化する「キリスト教の Vampire mode」この2つを状況に応じて、自在に使い分けてくる。1993年当時で、昨今の格闘ゲームなどに見られる「モード切り替え」の概念を既に生み出していたのには驚き!やはり香港電影人の発想はかなり先を走っている。

終盤の急展開と素晴らしい結末

総括すると「良くも悪くも林正英頼り」の作品。派生作だけに「殭屍先生の世界観」を知って見るのが前提。単独作品として見ると、粗がなく、丁寧に仕上がっているが、個性の塊である「道士」を除けば、常識の範疇に収まる登場人物ばかりなのが残念だ。中だるみ感もある。しかし、終盤は物語が急展開。現代アジア文化を象徴する、日本語で言えば「和洋折衷」の理を説いた決着はお見事。「大作」映画で問題定義だけしておいて、自身の考えを表明することから逃げる「小物」監督は多いが、今作の「笑い」を利して嫌味なく「きっぱり」と答えを出すという姿勢に、中華圏の文化と人々の素晴らしさを感じる。

《殭屍先生》の原点はどの作品?

驅魔道長
《驅魔道長》日版DVD

「清朝末期を舞台とする」殭屍が登場する作品で、僕が知っている最も古いものは、1977年の台灣電影《湘西趕屍》だ。日本版は現在のところ VHS でのみ発売、邦題は「キョンシー・ブラザーズ 精霊兄弟」である。僕はこの中古 VHS を下北沢で発見した。次いで香港で、1979年に《茅山殭屍拳》が製作されている。この作品で「清朝役人の装束」という殭屍の雛形が見られる。最も広く知られている洪金寶の《鬼打鬼》は1980年と、実は最後発なのだ。

とは言え《殭屍先生》を冠する派生作の多さが証明するように「殭屍」を流行させたのは林正英主演作である。台湾では霊幻道士の亜流である《幽幻道士》が製作され、さらにTBSが出資し、日本向けに、幽幻道士のテレビ連続ドラマ版、ご存知「来来!キョンシーズ」が製作された。僕の世代では「キョンシー」という単語が日常会話で通用するほどであった。現在においても、稀に「たむらけんじ」が殭屍の扮装をし、若い人もそれが何かを漠然とは理解している模様。Zombi, Vampire と並ぶ異国の怪物のひとつとして、我が国にも「殭屍」が根付いたようだ。洪金寶と林正英の偉大なる功績に乾杯!

日本版 DVD の状態

題名表示までの数分のみ 16:9 で本編が始まると 4:3 になる。画質も劣悪である。恐らく、台湾におけるテレビ放送版に字幕を付けた VHS があり、ただ偶然に権利が得られたから、その「擦り切れた」原版を DVD にコピーして日本国内販売しただけだろう。この発売元に映画作品に対する尊敬や情熱はない。

Tags
Kazu Spara in 25 May 2017
Kazu Spara