Heijastin

Xubuntu 14.04 Review

Xfce は Gnome に替わる De Facto になりつつある。

Xubuntu は非の打ち所がない。14.04 では Input Method 関連設定が Settings Manager に集約され、より機能的になった。Theme の配色が GUI から変更可能となり、選べる Theme の幅も広がった。Account 情報管理ツール Mugshot も追加され Personalize も強化されている。

Xfce 環境の使い勝手がさらに向上!

Xubuntu 14.04 on VirtualBoxXubuntu 14.04 on VirtualBox

Xubuntu 常用者は、順当に 13.10 から Upgrade すべき。使い勝手がさらに向上しているので 13.10 のままだと損をしてしまう。Distro 乗り換えや、初めての Linux Distro として選ぶにも、相変わらず推薦したい。もちろん、従来の操作感が様変わりしたり、あったものが消えてしまったり、なんてことは一切ない。操作における安定した Paradigm を維持していることが Xfce の特徴のひとつだ。

Xubuntu には Software Center があるので Commands に不慣れな Users でも困ることはないし、マウス操作だけで設定出来る項目は、ますます増えている。随分前から「Xubuntu には一切不満がない!」という方がほとんどだろう。個人的には Thunar に Tab ではなく Split view の追加が永年の希望。現状なら Thunar から PCManFM に切り替えるのという選択もあり。

Multi Display 対応が大幅進化

Xubuntu 14.04 - DisplaysXubuntu 14.04 Displays

EeePC 1015PD で Xubuntu 14.04 を利用して初めて気が付いたのだが Fn Key で動作する「画面切り替え」が大きく進化している!PnP 対応しており Cable 接続時のみ Thumbnails 付きの Pop-up 画面に切り替わり、未接続時は通常の画面解像度設定が表示される。これは Debian, sid 版などの Xfce にはない機能。Multi display 利用の機会がある方には、俄然 Xubuntu がおすすめ!

From siduction to Xubuntu

Xubuntu 14.04 が好感触だったので、思案した結果 siduction からの乗り換えを決定。EeePC 1015PD に再導入することにした。siduction では Openbox 環境を利用していたのだが、外部 Display に VGA out する際に LXRandR を利用すると画面表示がおかしくなるのが悩みだった。そこで最近 Xfce 環境に戻したのだが、どうせ Xfce 環境を使うなら Xubuntu 14.04 に乗り換えよう、と思ったわけだ。Ubuntu 系なら Iceweasel 24 ではなく、最新の Firefox 29 が使えるのも利点。

Settings Manager:Input Method と Theme 関連が強化

Xubuntu 14.04 - Settings ManagerXubuntu 14.04 Settings Manager

Xfce の設定項目がまとまりを見せ、より機能的になった。とりわけ嬉しいのは Input Method に関わる設定項目が Settings Manager に統合されたこと。これまで個別に Menu などの項目を辿る必要があった Fcitx, Mozc の各設定が Settings Manager において一覧表示されている。諸々の設定項目が「設定を管理する場所」に集約されていると Xfce 常用者のみならず、初心者にも非常にわかりやすい。大きな改善だ。

また、各 Theme における色の設定も可能なった。Thunar でファイル選択時に Highlight される色、パネルの背景色などが Custom 可能。これで Xfce-Look.orgdeviantART で入手した有志の Theme で、自分の環境に適さない配色がなされていても気にならなくなった。使える Theme がぐっと増えたということになる。

Fcitx の導入と設定

sudo apt-get install fcitx-mozc 以上。14.04 では日本語入力設定が全自動だ。一度 Re-login すれば、いきなり日本語入力が可能な状態になっている。~/.profile などへの追記が不要になったのだ。依存関係で必要な Pcakages はすべて一括導入されるし Fcitx 及び Mozc の設定は Settings Manager から手早くアクセス出来る。素晴らしい!

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

Mugshot による Account 情報管理

Xubuntu 14.04 - MugshotOfficial website: Mugshot, Quick & Easy User Configuration | Sean Michael Davis

KDE, Gnome にあって Xfce に欠けていたツール。ここで設定した内容は、現状では LibreOffice, Pidgin にのみ適用される。対応する Applications はいずれ増えるだろう。Magshot とは、主に米国において、犯罪者が逮捕された際に撮影される Portrait のこと。いい感じの Application 名だ。

VirtualBox での画面解像度

Ubuntu 版 virtualbox-guest-additions-iso ないし VirtualBox 謹製の Guest Additions では全画面表示に対応しないばかりか VGA (640×480) で固定されてしまう。13.10 以前までは sudo apt-get install virtualbox-dkms で解消出来たのだが 14.04 では、どうにも上手く運ばない。

そこで sudo apt-get install virtualbox-guest-x11 としてみると全画面表示が可能になった。virtualbox-dkms の依存関係に virtualbox-guest-x11 が含まれていないので、今までのやり方では駄目だったのだ。13.10 以前までは dkms の依存関係に x11 が含まれていたか?は記憶にないが、とにかく 14.04 では virtualbox-guest-x11 の導入が必須。

VirtualBox での Screenshot

Distro を問わず VirtualBox 上の Gnome 系環境において Screen shot を撮ると「黒一色」にしかならなかったのだが Xubuntu 14.04 では VirtualBox 上の KDE 環境同様に Screen capture が可能になった。Gnome では定かでないが Xfce では問題なくなった。

Tags