Heijastin

CoverGloobus を使う

再生中の楽曲の Album Cover を Desktop に表示する。

CoverGloobus は再生・停止・前曲・次曲といった Player 制御と歌詞表示が可能。deviantART には有志の Themes が多数配布されており covergloobus on deviantART という Community がある。

何の役に立つのか?

CoverGloobus
CoverGloobus

Cowsay みたいなもの。一応 cmus の簡素な GUI にならないこともないが、基本的には Linux Desktop ならではの洒落、雰囲気づくり。いわゆる Eye Candy で、概念自体が「役立たたない」で構成されている。概ね30分くらいで飽きる。

Repository 追加・導入・設定

割と人気が高いと思われる Software だが Software Center や Synaptic には登録がないので自分で Repository(配布場所)を追加して、導入する。

sudo add-apt-repository ppa:gloobus-dev/covergloobus
sudo apt-get update && sudo apt-get install covergloobus

設定

Installation が完了すると、日本語環境なら Start Menu 内「アプリケーション>アクセサリ」あたりに出没する。あえて Multimedia の項目ではないのは面白い、うざい。

起動したら Right Click > Configure を叩く。設定が出現するので Player plugin 項目から自分の使ってるやつを選択。対応数がやけくそに多いので見つかるだろう。他にも歌詞表示や Login 時から起動、など便利な設定があるので、各項目をざっと見てみると良い。

Tags