RunDeep

de dupuis 2004 喜劇と武侠主体の香港映画絶賛レビューと Gentoo/KDE 及び Linux 関連記事
Openbox with tint2

Openbox with tint2

LXDE の規定 WM である Openbox は単独でも機能的だ。Extension に該当する Pipemenu で機能拡張が可能、最軽量の部類ながら、使い勝手は驚くほど高い。Panel, Dock とも自由に組み合わせられる。僕はすっかり気に入ってしまった。ソース配布の関連ツールが多いので Compile 可能な環境を整えておくと良い。

Openbox with tint2 Index

  1. Ubuntu Family での Openbox 初歩
  2. 右クリックメニュー編集:obmneu
  3. パネル tint2 と組み合わせる
  4. Openbox + tint2 環境の便利ツール

Ubuntu Family での Openbox 初歩

» 参考:Openbox – Community Ubuntu Documentation

僕は、持ち出し用の Eee PC 1015PD/Lubuntu 12.10 にて Openbox を日常的に使用しており、利用頻度は稀だが ThinkPad R31/Lubuntu 12.04 にも Openbox 環境を整えている。さらに VirtualBox 上の Aptosid Ponos Xfce にて Openbox + Xfce 環境を試したが、これが好感触だった。改めて Thunar, Xfce4 Terminal の「気が利いた」操作性を感じた。

(Openbox + tint2, volumeicon, xcompmgr-dana on Aptosid Ponos at Gentoo’s VirtualBox)

LXTerminal の二重ペーストに注意

Openbox に LXDE ツールを流用することは多い。しかし LXTerminal には Ctrl + Shift + V が Ctrl + V と被る「二重ペースト」という致命的欠陥がある。もはや実用不能なので、僕は Lubuntu でも Xfce4-Terminal に交換している。それにしても、こんな瞬間的にわかるバグが、なぜ検証されていないんだ!?

GTK 系の必要最低限パッケージ

»参考 [lubuntu] lxappearance works in lubuntu session, but not in openbox session – Ubuntu Forums

Terminal は上述の理由より Xfce4-Terminal の択一。壁紙設定には De Factoで融通が利く Feh を選ぶ。Debian, Gentoo などでは外観設定に LXAppearance が利用可能。しかし Lubuntu では ~/.gtkrc-2.0 手動編集となる。バグか何かで Openbox Session では LXAppearance が機能しないのだ。Ubuntu Family ながら優しくない。Lubuntu 思ったよりバグ多いぞ…

  • 端末エミュレータ:xfce4-terminal
  • Openbox 基本:feh, obmenu, openbox
  • 外観設定:lxappearance, lxappearance-obconf

もちろん、これだけでは機能不足。せめて時計は欲しいし Wi-Fi, Battery 表示抜きなど Laptop 系では論外だ。そこで Extension に相当する "Pipemenu" で機能拡張したり、任意の Panel, Dock と組み合わせたりして、使い勝手を工夫する。デスクトップ環境「自作」開始だ。

まずは壁紙設定から!

初めて Openbox Session を開始した時は、あまりの殺風景さに悲しくなると思う。ただ灰色なだけの画面は「あ、パソコン壊れた」感満載。取り敢えず「右クリック」すると文字だけのメニューが現れる。これが Openbox の「スタートメニュー」だ。Terminal を起動し Thunar なりを起動。壁紙の場所まで行き、右クリックから Feh で開く。画像上で右クリックして File > Background > Set Filled とすれば壁紙設定完了!多少は落ち着いたはずだ。しかし、ログアウトすると再び灰色の世界が戻って来る。

Feh

個人設定ファイル保存場所と自動開始プログラム

Session 開始時から壁紙を表示するには autostart.sh という「自動開始プログラム一覧表」を作り Feh を登録する。個人設定の各種ファイルは ~/.config/openbox へ保存。僕は関連ツールもここに置いている。一箇所にまとめておくと Export, Backup が手軽だからだ。

~/.config/openbox/autostart.sh

autostart.sh に記載する内容は以下の一行。.fehbg には選択した壁紙への Path が記載されている。後述の Pipemenu を利用すれば、他の DE 同様に「壁紙一覧表示からの切り替え」も可能。

eval `cat $HOME/.fehbg` &

GTK 系の外観の設定:~/.gtkrc-2.0

先述の通り LXAppearance が利用可能だが Lubuntu のみ手書きを強いられる。以下は僕の参考例。Openbox メニューから Restart を選ぶと内容が反映される。ログアウト不要。

gtk-theme-name="Bluebird"
gtk-icon-theme-name="Faience-Azur"
gtk-font-name="Ubuntu 9"
gtk-cursor-theme-name="DMZ-White"

Workspaces 切り替え

外観が整えば、後は使うだけ。Workspace 関連の Shortcuts を覚えれば Openbox を活用出来る。

  • Alt + Ctrl + Left (Right):Workspace の移動
  • Alt + Shift + Left (Right):Active Window を次(前)の Workspace に移動

マウスホイールによる Workspace 移動を無効化

» Lubuntu/Mouse – Community Ubuntu Documentation

TouchPad 操作の環境では、迷惑以外の何物でもない機能なので真っ先に無効化しておきたい。~/.config/openbox/rc.xml 内の該当項目をばっさり削除。原始的だ。

Index に戻る

右クリックメニュー編集:obmneu

» 入手先:obmenu: Openbox Menu Editor

Openbox を便利に使うには、メニューのカスタマイズが必要不可欠。メニューの本体は ~/.config/openbox/menu.xml だ。obmenu はこの .xml を手軽に編集するためのツール。何はなくとも、これがなくては始まらない。重要なのは Extensions(機能拡張)にあたる Pipemenu という要素。Ctrl + P で挿入、設定する。Label, ID は任意で Execute は Full Path 指定が基本。Scripts の chmod +x も忘れないように。作業が終わったら、右クリックメニューから Reconfigure ないし Terminalから openbox -reconfigure と打てば設定内容が反映される。

obmenu

Pipemenus の入手

» 参考:Openbox:Pipemenus – Openbox

Script や Archive への直リンで構成されている「まとめ」ページ。Gnome Shell Extensions とは何もかも違う、パソ通っぽい雰囲気が Openbox らしさを醸している。配布されている Scripts には、標準機能に昇格すべきほど有用なものから、明らかに動作検証されていないものまで様々。

動的 Applications Menu 表示:Openbox-menu

» 入手先:Openbox-menu

LXDE, Xfce などの Applications Menu を動的表示する。アイコン表示が可能。Debian/Ubuntu ではバイナリ配布されていないので build-essential などを導入して Compile する必要がある。Gentoo では emerge で入手可能。使用するには obmenu から Ctrl + P と押し Pipemenu として設定。Label,ID は任意。Execute には openbox-menu に続け、表示させたい .menu の名称を指定する。

openbox-menu lxde-applications.menu

Ubuntu 向け動的 Applications Menu 表示:Xdg menu for OpenBox

» 公式サイト:Xdg menu for OpenBox

アイコン表示がないので、低スペック機器ではこちらが好ましいだろう。.menu の位置は Full Path 指定。Ubuntu でのみバイナリパッケージ化されている。

sudo apt-get install openbox-xdgmenu

壁紙変更メニュー

» 入手先(ソース直リン):wallmenu-0.4.py

Script をエディタで開いて、壁紙一覧の場所を Full Path で指定する。feh の指定は bg-fill に変更。これで Aspecto Ratio を維持して、中央から Crop するようになる。なお、他の同種は僕の環境 (Lubuntu 12.*, Aptosid Ponos Xfce) では動作しなかった。

GTK Bookmarks 表示

» 入手先(ソース直リン):bookmarks.sh

Thunar, PCManFM など GTK 系ファイルマネージャの Bookmarks を表示する。Script をエディタで開き filemanager の String を変更して使う。初期状態の PCManFM は外部呼び出しを、新窓ではなく Tab で開くことに注意。obmenu の Label, ID は任意 Execute は Full Path 指定。chmod +x を忘れずに。

Dolphin Bookmarks 表示

» 入手先:dolphin-bookmarks.pl

KDE 環境主体ならこちら。GTK 系と違い、こちらは表示が名前順に矯正されるのが難点。

MenuMaker

» 入手先:MenuMaker Home

Applications Menu 生成ツール。Debian/Ubuntu では不要。Gentoo では cp /etc/xdg/openbox/menu.xml ないしは、このツールで menu.xml 生成後 obmenu で編集という流れになる。インストールは不要。実行ファイルのある場所に cd 後、以下のコマンドで ~/.config/openbox に menu.xml を生成する。f (force) は既存ファイルの上書きオプション。

./mmaker -f openbox3

MenuMaker で生成された Applications Menu は自動更新されない。つまりソフトウェアの追加・削除後は、逐次メニュー生成と編集のやり直しを強いられる。故に openbox-menu, Xdg menu for OpenBox といった動的なメニューが必要となるのだ。

Index に戻る

パネル tint2 と組み合わせる

Openbox のみの環境では、常時表示される時計もなければ Wi-Fi, Battery 使用状況も目視不能。Laptop 系では使えないと同然だ。僕は定番の tint2 を組み合わせた。このパネルの Notification Area に各種 Indicators を表示すれば良い。ただし Openbox + tin2 は「LXDE とリソース消費量が同等ながら」機能が遥かに劣っている。実用面では、素直に LXDE を選ぶ方が賢い。

Openbox on ThinkPad R31

(Openbox on ThinkPad R31)

tint2 の入手と設定

» 公式 Wiki:Configure – tint2 – Customizing your tint2rc (with tint2 version 0.11)

人気ソフトらしく apt-get や emerge で入手可能。Mageia 版もあった。tint2 は複数のテーマを On the fly で切り替えることが可能。パッケージに tint2conf というツールが含まれており、これでテーマ管理・切り替えを行う。テーマの作成法は上記の公式 Wiki にて解説されている。単純なので、誰でも出来るだろう。なお sid 版のみ何らかの理由で tint2conf が Omit されている。Aptosid ユーザーはつらい。

GUI 設定ツール tintwizard

»入手先:tintwizard – A GUI wizard which generates config files for tint2 panels.

GUI でテーマファイルを作成するツール。未だベータ版といった具合で、初めてのユーザーが使うには説明不足。予め 公式 Wiki に目を通しておくべきだろう。Ubuntu では tint2 のパッケージに同梱されている。

tint2 テーマの切り替え

» 参考:Tint2conf – How to use theme switcher

作成したテーマは .tint2rc という拡張子で ~/.config/tint2/ に保存する。

~/.config/tint2/NAME.tint2rc

設定ファイルを指定して tint2 を起動

Aptosid (Debian sid) では tint2conf が使えないので、パラメータを付けて起動する。

tint2 -c NAME.tint2rc

Reload Panel

設定ファイルの編集後 tint2 を再読み込みするためのコマンド。通常は tint2conf があるので使用しない。これも Aptosid (Debian sid) 用。

killall -SIGUSR1 tint2
Index に戻る

Openbox + tint2 環境の便利ツール

パネルに表示可能な各種ツールは ~/.config/openbox/autostart.sh 内に追記する。

Openbox + tint2 on Eee PC 1015PD

(Openbox on Eee PC 1015PD)

音量調節:volumeicon

»入手先:Volume Icon – Maato

apt-get, emerge で入手可能。Debian/Ubuntu では volumeicon-alsa というパッケージ名なので注意。これは高機能!軽量ながら Hotkey に対応し OSD 表示まで可能。Xfce, LXDE でもこれを採用すべきだ。

Pager(仮想デスクトップ切り替え): neap

»入手先:neap – notification area (systray) pager – Google Project Hosting

Notification Area 内に Pager を表示する Python Script で、機能的としては現在の Workspace を視覚的に表示する程度。Script 一枚なので Distro を問わず利用可能だが Debian/Ubuntu には deb 形式が用意されている。Repo 登録はない、というか不要だろう。~/.config/openbox 配下に Pipemenu とまとめてに置いておくと良い。

電力・ディスプレイ管理とバッテリー残量表示:Xfce4 Power Manager

これは Lubuntu に倣って Xfce から流用。Laptop 系にはこれが最善の選択。tint2 にもバッテリー残量表示機能だけは標準搭載されている。

透明化や Drop Shadow などの演出効果:Compton

» 入手先:lubuntu blog: Meet Compton

最小主義的な Openbox に Effects 付加というのは違った方向に向かっている気がするが… Compton というツールで可能である。リソースの無駄使いとは知りながら、なければないで寂しかったりする演出。Compton は放置されて使えなくなった xcompmgr を Arch Linux ユーザーがメンテした xcompmgr-dana という後継ツールを、さらに改善したものらしい。Ubuntu 用には 32, 64 bit 個別の .deb が配布されている。なお無印 xcompmgr は Ubuntu 系ではまったく動作しない。Debian sid 版は Drop Shadow のみ対応した。以下は僕の Compton 設定例。fF というオプションは廃止になった。

compton -cC -t0 -l-2 -r1.5 -o.50 -m.80 &
Index に戻る

Openbox は試して損なし

自分らしさで選ぶなら Openbox + tint2 も悪くないと感じている。リソース効率では LXDE に歩があるが、試行錯誤して「組み上げた」環境には思い入れがある。Ubuntu/Unity や Mint/Cinnamon の「重さ」に耐えるくらいなら、いっそ対極である Openbox へ切り替えたって良い。Usability に対する一味違ったアプローチを感じるはずだ。Massive なデスクトップが便利に直結するわけではない。ブームは2009年頃が頂点だったようだが、Openbox が持っている独自性に賞味期限はない。少数ながら根強い Active User 層が存在している気配もある。Openbox は依存関係も皆無に等しく、インストールも瞬間的に終わる。Keyboard 主体の環境として、予備環境として、試して損なしだ。

Author

About Kazuhiro Kunishi

Twitter: kazuspara
  • 気がついたら香港映画 DVD + Blu-ray + DVD-Box で100作品を優に超えていた…そりゃ置ききれんわな。どないしよ…
Cover
Song
Album
Artist