Heijastin

KDE 4 移行のすすめ

安定・高機能かつ優れた外観を持つ KDE は改めて最高!

長き雌伏の時期を経て、完成の領域に近づいた KDE 4 がその真価を遂に発揮。「使ったことはないが KDE に興味あり」という方も多いはず。僕個人が、実機と VirtualBox で試用した体感・主観に基づき、おすすめの KDE Distro 5つを紹介させていただきたい。

Index

  1. KDE の真価を感じられる Distro 5選
  2. Ubuntu/Linux Mint での KDE の導入について
  3. Ubuntu/Linux Mint での KDE 最小インストール
  4. Gentoo での話:4年振りに KDE ユーザーに回帰!

KDE の真価を感じられる Distro 5選

KDE を使うなら、やはりドイツ製 Distro を選ぶと良い。最も相性が良いのは KDE 開発者が直接関わる openSUSE だ。Performance 面では Local Build 主体の Gentoo, Slackware そして FreeBSD, PC-BSD 辺りが良いが、これらは初心者向けとは言えず、手を出すにはまとまった時間が必要となるし、扱いも腰を据えて覚える必要がある。そこで Ubuntu, Linux Mint のように比較的「気軽に始められる」Distro に絞り、その5つを選出した。

openSUSE

openSUSE 12.1openSUSE 12.1
  • Official website: openSUSE
  • Target: 初心者には若干挑戦的で、やや経験者向け。
  • Community & Support: 多言語で充実、かなり活発!

信頼のドイツ製。KDE との親和性のみならず総合的な完成度が極上。KDE 開発者の多くが関わっているため安定、かつ最新機能が利用出来る。"Geeko" を含めた Desgin 性も抜群。最も「手堅い選択」と言える。元は World Share No.2 の商用 Distro であった。Linux の生みの親、偉大なる Torvalds 氏が現在使用していることでも有名(先日ちょっとした提案が話題となった:Linus Torvalds snarls at openSUSE desktop Linux’s security | ZDNet)。

総合管理機構 YaST が便利で openSUSE 12.1 では 1-Click install という Web based の Package 追加方法が導入され、細々とした手間も随分と省けるようになった。僕は2009〜2010年初頭まで openSUSE を主環境としていた。KDE 4 発足当時のゴタゴタがなければ今も使い続けていたはず。

Chakra Linux

Chakra Linux EdnChakra Linux Edn
  • Official website: Chakra | Home
  • Target: 比較的初心者向け。Ubuntu ほどで楽ではない。
  • Community & Support: English 主体・かなり活発!

Arch Linux 派生、信頼のドイツ製。いわば「完成・塗装済みの Arch Linux」といった雰囲気。Debian に対する Ubuntu に似た位置付け、という評価もある。Installer をはじめ Pacman や System 設定に独自 Frontend を備えており Ubuntu Software Center のような GUI からの Package 検索・更新も可能。KahelOS 同様、高度な Graphic Design も魅力的。GTK との外観統一性が高い Theme を独自開発しており Firefox の外観を KDE 4 に合わせる Patch "Molecule" は Gentoo など、多くの Distro に輸出されている。

Aptosid

Aptosid Ponos KDE EditionAptosid Ponos KDE Edition

Sid 系、信頼のドイツ製。Pre-compiled Kernel ながら高い Performance 調整がなされている。多少の Linux 利用歴がある人に推薦。Ubuntu などと同様に Debian 不安定版 Sid を基盤にしているが Aptosid 開発陣によって、独自の改良がなされており、極めて安定している。Installation や管理方法は Debian そのまま。APT による Binary 形式の Debian 互換なので、利用可能な Software の数も膨大。KDE, Xfce という納得の選択が用意されており、どちらも非常に僕好み。KDE 版のみならず Xfce 版もおすすめ!しかし Siduction との分裂があり Distro の存続には若干の不安がある。

Mageia

Mageia 1Mageia 1

贔屓である France 製。2010年に誕生した新しい Distro だ。Mageia はギリシア語で魔法を意味する単語。Mandrake を連想させる名称であり Community 主導の Mandrake 後継と言える。新規ながら Mandriva 流れで、既に厚い利用者層を抱えており、補足情報が豊富で困ることがない。また、充分な開発・試験期間を経て Release されるので非常に安定している。Hardware への対応力もあるし、古典的な UI の System Settings は親しみやすく、初心者にも内容が把握しやすい構成。公開間近の Mageia 2 への期待は更に大きい!Linux 初心者かつ RPM 系の KDE 環境を探しているなら Mageia と PCLOS の二択が有力候補。

PCLinuxOS

PCLinuxOS 2012.2PCLinuxOS 2012.2

PCLOS の略称で知られる、定番 Distro のひとつ。古くから KDE を規定デスクトップにしている老舗。ありふれた米国製でも、これは一味違う。Mandriva 派生の RPM 系だが APT を採用しているのが大きな特徴。基本操作は Mouse 中心なので Ubuntu 系利用者でも、乗り換えて困ることはないはず。PCLOS は Web Magazine の発刊など Community 活動が活発なので End user になると楽しいだろう。2007年頃から人気と利用者数が増加したようだ。公式 Logo は雄牛の方が格好良かった。

Ubuntu/Linux Mint での KDE の導入について

最も多いと予想されるのが Ubuntu 系で「KDE を試してみたい!」という人。でも、僕は自身の経験もあり Ubuntu 系での KDE 導入は推奨しない。以下がその理由。【参考】Canonical Drop Funding for Kubuntu

1. Kubuntu に対する経済的援助の終焉
Ubuntu/Mint で KDE 環境をインストールする前に知っておくべき事情がある。Kubuntu に対する Canoninal の経済的援助は次期リリースとなる Kubuntu 12.04 を以て終了する。プロジェクト発足以来の7年間で、商業面における実績を残せていないことが理由だ。
※2012/04/10 に Blues Systems がスポンサーとなり開発継続が確定。
【参考】Kubuntu to be Sponsored by Blue Systems | Kubuntu
2. 無料を第一義に寄ってくる底辺ユーザーに起因する問題
Ubuntu/Mint で KDE 関連パッケージをメンテナンスしている(と思われる)Kubuntu プロジェクト担当者は、どうやらたった一人のようだ。また Kubuntu コミュニティは存在するものの、実作業や経済面におけるユーザーからの援助が低いという実情が垣間見れる。僕はこうした部分が「簡単・親切」を売りにする Distro の切実な問題であると思う。Linux を「選んで使う」ユーザーではなく「無料だから」を第一義として寄ってくる底辺ユーザーばかりが集まってしまうとコミュニティの未来も可能性もない。
【参考】Canonical ending support for Kubuntu, reassigning lead developer

Ubuntu/Linux Mint での KDE 最小インストール

僕は Ubuntu/Linux Mint の現状では KDE の真価は体感出来ないと感じているので、推奨はしないが…せっかく試してみたので記載しておく。Ubuntu/Mint の KDE では Nepomuk, akonadi が必須導入される。akonadi は Kontact (KMail, Kaddressbook, Korganizer etc.) を利用しないなら実用面では不要。しかし Ubuntu/Mint では依存関係から除外することが不可能なので強制的にインストールされる。akonadi は daemon として背景で動作する。加えて、上述のように Ubuntu/Mint の Nepomuk は他の Distro 版と異なり酷いバグを抱えた状態でリリースされている。致命的なことに、2バイト文字全般での検索・結果表示が不可能なので、僕らアジア圏のユーザーにとっての実用性は皆無に等しい。

基本パッケージの導入

$ sudo apt-get install kdebase-workspace konsole kate kmix ksanpshot plasma-widget-folderview
  • Konsole: KDE 版の端末。他の端末はウィンドウ表示が狂うので Konsole 必須。
  • Kate: 単純な部分で Kwrite には「タブがない」ので Kate を推奨。
  • KMix: サウンドのボリューム調整や入出力切り替え。
  • Ksnapshot: 画面キャプチャツール。これがないと PrintScrn を押しても何も起きない。
  • plasma-widget-folderview: なぜか追加で導入する必要がある基本ウィジェット。

KDM について

KDM は SLiM, GDM, LightDM といった Desktop Manager の KDE 公式版。他の DM でも問題はないが、統一感的には KDM をデフォルト指定すると良い。他のセッションを選ぶことは当然可能なので問題は一切ない。デフォルトを LightDM に戻すには一度 KDM, LightDM ともに削除し、再度 LightDM を入れ直す方法が最も簡単だ。ただ LightDM は比較的リソース消費が高めなので KDM の方が好ましい。

準必須となる追加パッケージの導入

$ sudo apt-get install amarok dragonplayer ffmpegthumbs plasma-widget-playwolf gwenview kipi-plugins kopete okular
ffmpegthumbs
Dolphin 内で .mp4, .nkv, .wmv, .flv など動画各種のサムネイル表示が可能になる
Gwenview
KDE 標準の写真管理ツール。Gnome における EOG と Shotwell 双方の機能を併せ持つ。
kipi-plugin
Gwenview に機能を追加。写真の加工や Picasa, Facebook などへの投稿などが可能になる。
Okular
Adobe Reader を代替する。Gnome の Evince に相当。表示は OKular の方が上質。
Amarok, plasma-widget-playwolf
Playwolf はパネルにコントローラーを表示する Widget で、非常に気が利いている。
Kopete
Chat Client で Google Talk, Facebook にも対応(Jabber で登録)している。
Dragon Player
KDE 標準のメディアプレイヤー。Gnome の Totem に相当。ほぼ再生のみの単機能だが軽量。

Gentoo での話:4年振りに KDE ユーザーに回帰!

僕の主環境は Gentoo だ。2012/02/25(土)熟考の末、遂に Xfce 4.8 から KDE 4.7.4 へと完全移行。Great return of KDE にその経緯を書き残したのだが、それまでに散々悩んだ。VirtualBox において Mageia, Kubuntu, Chakra, openSUSE といった複数の Distro で KDE 4 環境を約2ヶ月間に渡って試した。試しているうちに KDE の使い方が「理解出来るようになった」そして馴れてきた、という部分は大いにあると思う。以前の Xfce や Gnome より遥かに「高速・安定」の Gentoo/KDE という最高の環境で過ごしている現在、もはや後戻りは考えられない!

Gentoo だからこそ初めてわかった KDE 4 の真の魅力

Gentoo 版の KDE の完成度は他と一線を画している。Gentoo で初めてわかった完動する KDE の「凄さ」に強い感銘を受け Gnome 3 環境で整えていた 2nd Box の Arch Linux も KDE へ移行した。Arch Linux でも Ubuntu 派生同様に KDE 4.8 がリリースされている。しかし、まだ不安定な箇所を孕んでおり、リリースが勇み足であった感は否めない。もっとも、ハイエンドなユーザーを多数擁する Arch だけに修正・対応は迅速なので「まったく不安はない」という点は強調しておく。Gentoo においては KDE 4.8 はまだ Mask(試験段階という位置付け)されており、僕はそれが正しいと状態だと思っている。Gentoo における KDE には多くの改良・改善が施されるし、安定を見極めてからでないと公式リリースはあり得ない。だから Gentoo/KDE の完成度は抜群だし、僕のようなエンドユーザーも安心してアップグレードが出来る。なにはともあれ、アメリカの "Coffee" なんぞ飲めるか!という人は Gnome ではなく KDE ですね。

Tags