Heijastin

Fedora Core 1.90 Memo

「えらい苦労したな~」という、ほろ苦くも楽しい想い出。

Fedora Core 1 導入直後 (15 Dec, 2003) 及び Fedora Core 1.90 (14 Apr, 2004) 備忘録。この頃の Distro は、どれも開発者向け。End users に門を開いたのは、やっぱり Ubuntu だった。「Geek になりたい厨二病」を卒業、基本姿勢に立ち返り「Linux は一般向け」という意識を高めた Ubuntu の功績は半端ない。

Devices and ATOK X

Fedora Core 1.90
  1. fglrxconfig
  2. [/etc/XF86Config-4] /dev/input/mouse1
  3. [/etc/modules.conf] alias char-major-15 joydev > jstest /dev/js0
  4. [/etc/X11/xinit/xinitrc.d/xinput] line 187 # XIM_PROGRAM=httx

ATI: XF86Config-4 の精製。ATOKX: xinput (xinitrc-3.39-1) 187行目 htt) の XIM_PROGRAM=httx を Comment out する。

Mozilla user.js

  1. user_pref("browser.cache.disk.parent_directory","/tmp");
  2. user_pref("browser.block.target_new_window", true);

Flash Plugin

  1. compat-libstdc++ (libstdc++-libc6.2-2.so.3)
  2. openmotif (Opera: /usr/lib/opera/plugins/operamotifwrapper)

ln -s で解決するか Compat パッケージを持ってくる。Opera で Flash が動作しないときは openmotif が抜けてる。

KDE and Gnome

GUI を Default に戻し、日本語入力・表示のみにする。rpm -e kde-i18n-ja.rpm 次いで /usr/share/locale/ja の .mo を削除。その他の locale の .mo も削除。.gnome 辺りにも Red Hat 関連の .mo があるので削除。