Heijastin

Fedora Core 4 and iPod

Firefox 1.5 非常に調子が悪い。

Searchplugins を読み込まない現象が頻発する。そこで Profile directory にあるファイル幾つかに目星を付け抜き差し。localstore.rdf が原因だと判明した。Searchplugins の問題が発生したら、こいつを消去する。すると同ファイルは次回起動時に自動生成され、問題も解決する。あくまで対処療法に過ぎないのだが、次回のアップデートまではこれで凌ぐことにした。

iPod with Amarok

Fedora Core 4 and iPod
Wallpaper: Vintage Post Modernism by ~H4m1337

Fedora Core 4 に iPod を付けた。いつものように fstab を開いて:

/dev/sda2/media/ipod	vfat	rw,user,noauto,noatime	0 0

と加える。マウントする場所は Fedora らしく /media にしてみた。さてと、まずは Amarok が iPod 対応だと言うので試してみた。アプリ上に iPod が現れたものの ID3v2 の日本語が潰れている。UTF-8 なのにだぞ?これにはガッカリ。

さらには音がならない!仕舞いにはプロトコルがどうとかの警告が出て CD も満足に再生できない。そう言えば Fedora ではパテント絡みで MP3 関連が NG だった。初期状態の xmms などの Player はユーザーが Plugin を任意で追加する必要がある。愛用している Kaffeine では何も足さずに MP3 も再生出来るのだが…それは xine ベースだからだった。

ところで Amarok で MP3 を再生する術は?生活の基本 FedoraNEWS.ORG に駆け込む。gstreamer 関連の Plugins を幾つか補充した後、再生エンジンを gstreamer に切り替えれば良いと判明。結果として Amarok でも MP3 は鳴ったが、文字化けは当然そのまま。さらに CD は已然として鳴らず…こりゃダメだ。これで iPod 対応とは相当な無理がある。

iPod with gtkpod

続いて定番のような gtkpod を試す、これだ!文字化けなし、ほぼ iTunes Clone と呼べる出来だ。しかし…曲の再生のために毎回外部アプリを利用する、こいつはかなり面倒だ。厳しいなぁ…なんとかならないのか。Songbird が話題になっているが、幾らプロジェクト開始段階と言い訳しても UI を見る限り iTunes の劣化コピーにしか見えない。名前もダサいし…これ嫌だなぁ。と文句ばかり言いつつも Fedora と iPod の連携(出来てないから)を楽しむ年の瀬でした。

Tags